GW明けのお仕事への向き合い方

スタッフの永田です。
GWが明け、今日から通常運転再開という方も多いのではないでしょうか?
インクルささぐりも通常運転再開です。

利用者様の表情も様々です。
リフレッシュしてすっきりしている方。
ちょっと憂鬱そうな方。
いつもと変わらぬ様子の方。

それでも予定通りの方が予定通りに出勤してきて業務をスタートしたところです。
数か月前には、祝日や連休明けなどになると出勤率が下がる傾向にあった利用者様もいらっしゃいましたが、今回はそういう姿もなく連休明けを迎えています。
これもご本人の向き合い方の変化、成長の一つでしょう。

利用者様に記入していただく作業日誌などにも「出勤できた」ということそのものをご自身の自信として実感を持てているようで安心もしています。

もしかしたら100%のパフォーマンスでないかもしれません。
それでも、出来ることと出来たことに目を向けて、お仕事に向かい合うことがとても大切だと思います。

業務に必要な技術というものは、どの利用者様も積み重ねることが出来ています。
それプラスαで、仕事や職場への向き合い方なども是非積み重ねていただきたいものです。
業務の技術よりもこういう面の方が「持ち続ける」ことは難しいのかもしれません。

福祉の力、支援の力でそのコントロールをお手伝いできればと思うところです。

利用の是非に関わらず、いろんなお尋ねをいただければ、ご相談に乗れることもあるかもしれません。
抱え込まずにインクルささぐりへお気軽にお立ち寄りくださいませ。

関連記事

  1. 窓から見える景色

  2. インクルのクリスマス

  3. 「働く」だけではない就労支援

  4. インクルささぐりとしての個性を探して

  5. 「発達障害を持つ子どもたちの進路」

  6. マニュアル作りで多くの人が出来る仕事へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP