月次目標の設定

インクルささぐりでは、利用者様に月に一度、「月次目標シート」というものをお配りして記入をお願いしています。

これは、個別支援計画等とは全く関係はないですが、昨年下旬から独自に取り組み始めたものです。

業務上の目標と生活上の目標という2点を設定して、月末付近に振り返りをするというものです。

業務上の目標は、例えば以下のようなものが出てきます。

・パソコン業務を覚える
・時間を見ながら行動をする
・内職作業を丁寧に行う

といったものが上がってくることがあります。

また、生活上の目標については、

・早寝をする
・朝食を食べる
・薬を飲み忘れない
・テレビを見る時間を減らす
・毎日〇〇歩歩く

といったものがあがってくることもあります。

それぞれ一か月をどのようなものにするかというものを自由に上げてもらいます。
そして、それの振り返りまでしてもらうようにしています。

こうやって、メリハリのある生活を目指すとともに、与えられるのではなくて自分で目標設定をして過ごすということに慣れていってもらいたいとも思っています。

はじめのうちは、ご自身の状況を客観視できず、目標の設定があっておらず、簡単すぎたり、難し過ぎたりする場合もありました。
それが徐々に修正されて、目標設定も上手になってくることも目指していきます。

自身で目標設定を的確にできるのと出来ないのとでは、日常生活における困り感が全くと言っていいほど変わってくると思うのです。

例えば一般企業への就労などを目指そうと思った時に、自己評価などをする際、目標設定をする際に役立てばと思うところです。
与えられた作業をこなすことは大切ですが、それだけをしていてもポーンと社会に放り出されたときに呆然と立ち尽くす、というようなことにならないための練習というものも、就労支援事業所としては提供していきたいと思っています。

こういうお話も内覧会の際にはゆっくりご説明できると思います。

多くの方のご来場をお待ちしております。

関連記事

  1. ステップアップは4次元的に

  2. マニュアル作りで多くの人が出来る仕事へ

  3. 福祉の「これってどうするの?」はインクルささぐりへお尋ねくだ…

  4. キャンプ場清掃

  5. 朝礼でのスピーチ

  6. 成功体験の積み方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP